ユダヤ式記憶術とは?

学校の歴史科目や資格試験の暗記が苦手だという人は多いのではないでしょうか。学生時代は私も暗記科目が苦手でした。そこでお勧めしたいのが記憶術という技術です。記憶術は一度身に着ければ、ずっと使えるものなので、生涯をとおして役に立つものです。記憶術は何々式というような具合に名前がついています。藤本式、武田式、ユダヤ式などです。ここでは、ユダヤ式記憶術にクローズアップしてみたいと思います。名前を聞くと、ユダヤ式記憶術はユダヤ人が考案したものと思いがちですが、日本人の松平勝男という人が考えた記憶術です。ユダヤ人の考え方を基礎としているのでしょうか。ユダヤに伝わる生命の樹という図表を利用するのが特徴のようです。ユダヤの生命の樹については、グーグルで検索して調べてみると、情報がでてきます。興味があったら、見てみるといいでしょう。さて、ユダヤ式記憶術の特徴としては、試験の答案作成時に簡単に思い出せるというものがあります。答案を書いているときに、思い出すのに時間がかかるというには、時間制限のある試験では不便です。ユダヤ式は試験に合格するために考えられた記憶術なので、そのへんは安心して利用できます。もしも、あなたが資格試験や大学受験に合格したいのなら、ユダヤ式記憶術がお勧めになります。


このページの先頭へ戻る