左手を使って右脳のトレーニング

この記事では、右脳を鍛える方法を解説しています。

 

右脳を鍛える方法はいくつかありますが、その中でもっとも簡単で一般的なのは左手を積極的に使うというものでしょう。

 

右脳は体の左半身を制御している部位でもあります。
そのため左半身、特に左手を積極的に使うことで、右脳を活性化させることができるのです。

 

サッカーをやっている人であれば、いつも右足でボールを蹴っている場合、左足でボールをコントロールするようにすることも有効です。

 

しかし、これだけでは完全に右脳を使いこなすにはいささか足りないかもしれません。
たとえば、左利きの人は少数派とはいえそれなりに存在しています。

 

左利きの人全員が右脳を使いこなし天才として活躍しているかといえば、そうではないというのが現実でしょう。
つまり、左手を積極的に使うことは右脳を活性化させる効果はある程度見込めますが、逆に言えばそれだけということでもあるのです。

 

左手を使っていれば、右脳がどんどん活性化して、いずれ天才的な発想が出てくるという可能性は残念ながら低いかもしれません。
本格的に右脳を活性化させるのであれば、専門の右脳を鍛えるトレーニングを長期間に渡って重ねる必要があります。
この長期間というのは、人にもよりますが大体数ヶ月から数年程度と思っておくといいでしょう。

 

右脳を鍛えられるトレーニング方法はインターネット上でも公開されていますし、右脳に関連する書籍も出ています。
脳科学者や研究者が開発したようなトレーニング法も存在しています。
右脳のトレーニングや右脳を鍛える方法に興味があれば探してみるといいかもしれません。

 

以上、右脳を鍛える方法とトレーニング法でした。


このページの先頭へ戻る