右脳の働きと機能とは?

この記事では、右脳の働きと機能について説明しています。

 

人間の脳は右脳と左脳に分けられることは有名な話です。
では、右脳はどんな働きをしているのでしょうか。右脳について詳しくみてみましょう。

 

一般的に、右脳は感覚や感性を司っているとされています。
普段の生活で直感やセンスと呼ばれている感覚は、この右脳からきています。
たとえば、何かアイデアを出すとき、多くの場合はひらめきとしか言えない形で思いつきます。

 

ひらめきやそれが出てくる感性、感覚を右脳は司っているのです。
ちなみに多くの人は右脳の機能をあまり使っていないと言われています。
右脳は左脳と比べても、およそ100万倍にもおよぶ記憶力を持っているとされています。
しかし、大半の人は右脳の記憶力を有効活用できていないのです。

 

そう聞くと右脳をもっと働かせれば、頭がよくなると考えられるでしょう。
右脳を働かせる方法としては、左手を積極的に動かすことが挙げられます。
料理や掃除など両手を使う作業も有効でしょう。
これは体の左半身を制御しているのも右脳だからです。
日本人は右利きの人が多いでしょうから、普段あまり使わない左半身を意識的に動かすようにすれば、右脳の働きがよくなるといわれています。

 

たまに左利きの人は右脳をよく働かせていると言われますが、こういった説が出る理由は、右脳が左半身担当だからなのです。
このため、左利きの人が右利きの人よりも右脳を使っているのはひとつの事実ではあるでしょう。
右利きの人も、意識して左手を動かすことで右脳を活性化させることができるかもしれません。

 

左脳の働きと機能については、別の記事で詳しく書いています。

 

以上、右脳の働きと機能について解説してみました。


このページの先頭へ戻る