子供の視力低下と勉強

視力は幼少期にどんどん下がっていく物です。小学生の頃から次第に視力の低下が始まり、中学生になると実に半数程が視力1.0未満になると言われています。その為、小学生のうちからしっかりと視力矯正をしておかなければいけません。若い内であれば、まだ、視力回復の兆しがあると言えるでしょう。大人になればなるほど、視力の回復は難しくなっていきます。塾などに通い勉強をたくさんしている子供は、たいていメガネやコンタクトをしています。

 

視力回復の為に、日ごろから気を付けなければいけません。まず、目に優しい生活を送りましょう。本を読むとき、勉強をする時、極端に顔を本などに近づけてはいけません。適度に離す事で目にも優しく、視力の低下を防いでくれるでしょう。速読術や記憶術のやりすぎも問題なのですね。テレビを見る事も、適度にする事が大切です。近すぎない距離で、適度に休憩を入れながら見ましょう。そうする事で、視力の低下を防ぐ事が出来ます。子供の視力回復には、田中謹也の視力回復法が有効ですよ。

 

田中謹也 小牧店


このページの先頭へ戻る