左脳の働きと機能とは?

この記事では、左脳の働きと機能について説明しています。

 

左脳は、計算や理論を担当し、言語的な思考を司っています。
多くの人が左脳を日常的に使っており、読み書きや会話といった言葉を使う行動も左脳の働きによって行われています。

 

左脳は物事を分析し理解することを得意としており、コンピュータのCPUに例えられることもあります。
ただし、分析能力を高めた結果、記憶能力は右脳と比べるとやや劣っているのが左脳の難点です。
つらつらと理屈を並べられても右から左に抜けていくということがあります。
これは理屈を理解している左脳が記憶を苦手としているためともいえます。

 

また、左脳は記憶を長期間保存しておくこと、長期記憶も苦手です。
左脳を使う例として分かりやすいのは、勉強の一夜漬けでしょう。
一夜漬けは短い時間でもテスト対策をある程度できてしまえる方法ですが、これも左脳を使っています。
一夜漬けで覚えたことは同じく一晩経てば忘れるとも言われますが、それは左脳が長期記憶を苦手としているためなのです。

 

逆に知識として定着させたいなら、なるべく右脳を使った勉強方法をとる必要があります。
左脳と右脳はそれぞれ働きや機能、役割が違います。
そのため目的に合わせて、この2種類の脳を使い分ける必要があるのです。
まずは、左脳と右脳の働きと機能、特性を知って、自分が望んでいる分野を得意としているのは、どちらの脳なのかを見極めることから始めてみましょう。

 

以上、左脳の働きと機能について解説してみました。


このページの先頭へ戻る