記憶力を上げる方法とは?

この記事では、記憶力を鍛える方法について説明しています。

 

記憶力を鍛える方法はいくつかあります。
まず、挙げられるのは脳トレーニングがあります。略して脳トレと呼ばれるものです。

 

脳トレーニングは、専用のスマホアプリがいくつも登場しています。
ネット環境がある場合は、脳トレーニングのアプリが簡単に入手できます。
無料の脳トレアプリも存在しているので、まずは脳トレのアプリを試してみてもいいかもしれません。

 

ただし、脳トレーニングは、頭を使うので普通のゲームよりも、脳が疲れやすいという特徴があります。
疲労は脳からのサインなので、無理をせず時間を決めて、脳トレのアプリに取り組むのがいいでしょう。

 

脳トレアプリの他にも、脳トレーニングの書籍やドリルが販売されています。
脳トレのドリルを日々解いていくことで、脳が活性化して記憶力を鍛える効果が期待できます。

 

記憶力を鍛えるうえで、大切なのが脳に必要な栄養の摂取です。
記憶力が上がる食べ物には、DHAが含まれる青魚やルテインが含まれるホウレンソウなどが挙げられます。

 

脳が働くには炭水化物の摂取も非常に重要です。
炭水化物は体内で分解されるとブドウ糖に変わります。
ブドウ糖は脳にとって唯一のエネルギーなのです。
当然ですが、エネルギーがなければ脳は動けません。これは筋肉も同じですね。
そのため、炭水化物をきちんと摂取して、エネルギーを脳に供給することで、脳の働きを活性化させるといいでしょう。
記憶や暗記を強化するためには、十分なエネルギーの摂取が前提になります。

 

記憶力を鍛えるのとは違いますが、記憶や暗記にとって重要な要素が睡眠です。
良質な睡眠をとることで脳の機能が向上し、結果的に記憶力も上がることが期待できます。
暗記したことが記憶に定着するのも睡眠中に起こることが分かっています。
睡眠時間を削らずに、必要な睡眠をとるように心がけましょう。

 

記憶力アップにいいとされる行動や方法は思った以上に数があるものです。
ここで紹介した以外にも、軽い運動や短時間の昼寝など簡単にできることも多くあります。
自分にできそうな方法を探して、いくつか試していきながら、自分に合った方法を見つけていくといいでしょう。

 

以上、記憶力を鍛える方法について解説してみました。


このページの先頭へ戻る