効率的に英語を暗記する方法とは?

この記事では、英語の暗記方法について説明しています。

 

英語を暗記するときは、右脳を使うのが有効であるとされています。
右脳を使うということはイメージ記憶を利用するということです。
つまり、英単語や英文を文字や文章ではなく画像のイメージとして記憶するのです。

 

イメージ記憶を活用した暗記は、英語のような母国語ではない言語の場合、特に有効な方法なのです。
しかし、人間は意味の取れない文字の連なりを文章として認識できない傾向にあります。
文章として認識しづらいものを無理に言語として理解しようとしてもなかなかうまくはいかないものです。
むしろ、脳に余計な負担がかかってしまい、かえって記憶効率が悪くなってしまうことすらありえるでしょう。
そのため、大事なのは文字の集まりをひとつの画像と認識して覚えることとなるのです。

 

人間は文字を左脳で理解し、イメージを右脳で記憶しているといわれています。
そして、記憶能力は右脳の方が高いのです。
右脳を使ってイメージ記憶をすることで英語の学習を効率よく進められる可能性は高くなります。

 

また、前提として同じ内容を何度も反復することはとても重要です。
反復する回数は、最低でも6回か7回程度を見ておくといいでしょう。
さらに勉強した内容を知識として定着させたいのであれば、数ヶ月から1年以上かけて学習を続ける必要があります。
根気のいる作業なので、マンガで学習できる参考書など、楽しんで学べる方法をとるのもいいかもしれません。
右脳を活用する英語の暗記方法だけでなく、自分なりに工夫してみるといいと思います。

 

右脳のイメージ記憶を活用したり、楽しんで学べるタイプの学習方法を試してみたりすることで、英語の学習を進めていくといいかもしれません。
なかには、右脳を使った記憶術の教材も販売されていますので、参考にしてみるといいでしょう。

 

以上、英語の暗記方法についての解説でした。英語の習得を目指す人は参考にしてみてくださいね。


このページの先頭へ戻る