この記事では、暗記のコツについて説明しています。

 

暗記をするときの主な方法は2つ挙げられます。
それは、読むことと書くことを繰り返す方法です。
同じ文章を何度もくり返し読んでいれば記憶に残りますし、筆記も然りです。

 

繰り返し読んだり、書いたりして暗記するのは一般的な方法ですね。

 

例えば、小学生が漢字を勉強するときは、何度も書いて覚えます。

 

数学の公式も何度も繰り返し問題を解くことで記憶に定着します。

 

しかし、ただ反復を続けていても、なかなか思うようには覚えられないこともあるでしょう。
せっかく覚えても、すぐに忘れてしまうという悩みを持つ人も多いですね。

 

ここでは、効率よく覚えるための暗記のコツを紹介します。
暗記のコツは大きく分けて2つあります。

 

1つ目は見ているものを文字や記号ではなく画像として認識して覚えることです。
たとえば英単語の場合、orangeのように具体的な画像をイメージできる場合はその画像と一緒に記憶します。
またobjectiveのように具体的な画像をイメージしにくい場合は、自分である程度ストーリーを作ってしまうのも手です。
仮にobjectiveの場合なら、これは目標・目的地という意味です。
ですから何かどこかを目指している人間の姿をイメージして字面と一緒に覚えるという方法もあります。

 

2つ目のコツは、覚えたいことを何度も反芻することです。
たとえば、地名などを覚えたいときは、一度その字面を見て、後からそれを思い出そうとしてみるのです。
何度も思い出そうとすることで、脳はその記憶が大事なものであると認識します。
そして忘れないようにその記憶を大事に保管しようとするのです。

 

暗記して記憶に定着させるための何よりのコツは、脳の特性を把握して、それに合わせた方法をとることです。
記憶力が人それぞれであるように、向いている暗記方法は個人で違います。
暗記力のいい人というのは、暗記のコツを知っていたり、効率的な暗記方法を実践していたりします。
頭の良し悪しで差がついているというよりは、暗記方法の違いがあるのです。
自分の暗記力が悪いからといって、悲観せずに効率のよい暗記法や記憶法を習得することをおすすめします。
まずは、いろいろな暗記の方法を試してみて、自分に合ったものを見つけていきましょう。

 

以上、暗記のコツについて解説しました。効率よく暗記するために自分なりに工夫をしてみましょう。


このページの先頭へ戻る